アトピー性皮膚炎 – 症状、治療、形状、原因、診断、合併症、予防

アトピー性皮膚炎 – 皮膚の非伝染性の炎症、神経アレルギー性疾患によって引き起こされます。

ekzema1

湿疹湿疹マニフェスト多様(多形体)の症状、発疹、感覚やかゆみを燃やし。原因は、外部および内部要因(内分泌系の慢性疾患の存在、肝臓、神経系、腸)の両方であることができます。次いで、プロセスは痂皮を形成するためにバースト及び膿瘍小さな泡の外観と身体の任意の部分に急性始まります。患部で皮膚がアク感染の際に皮膚が青みがかった色を取得し、腫れ、赤です。 湿疹は、主に手のひら、足の裏に影響を及ぼした場合。脂漏性皮膚炎は、通常、原因に応じて、湿疹の頭皮、胸部、腋窩および鼠径部のひだの形に影響を与えたと疾患の性質されると湿疹のいくつかの形式を区別します。これは、慢性再発コースへのその後の移行で、急性発症によって特徴付けられる湿疹、の主に真です。乳児湿疹、職業湿疹、脂漏性皮膚炎、湿疹、微生物湿疹および真菌湿疹:さらに、独立した形として記載。湿疹の原因は外部と内部の両方の要因(内分泌系、肝臓、神経系、腸の慢性疾患の存在)することができます原因。現時点では遺伝的素因と遺伝性疾患を除外するものではありません。湿疹診断の診断は、特徴的な臨床像に基づいています。湿疹の治療の治療は湿疹の種類によって異なります。このような患者は、抗不安薬(ハーブ、精神安定剤)、ビタミンB群効果的な温泉学を規定します。防腐剤、軟膏剤、抗かゆみで処理された傷や膿瘍。主に化膿性(化膿性)感染への参加に関連した湿疹湿疹の合併症合併症。湿疹のすべての形態では湿疹の予防は、予防の重要な構成要素は、衛生状態です。さらに、それは食事を遵守し、アレルギー反応(柑橘系の果物、ナッツ、チョコレート)または刺激性(塩味、辛い、辛い食べ物、脂肪や揚げ物、アルコール、消化炭水化物)を引き起こす可能性があります製品の使用を排除する必要があります。病気の皮膚科医を扱う医師は、インターネットを介して皮膚科医に参加します。皮膚科医に記録するには、クリックするだけを必要としています。オンライン皮膚科医への書き込み。皮膚科医は、任意の皮膚疾患の治療を専門としています。皮膚の仕事の違反のために必要な皮膚科医、爪や髪の真菌性病変、年齢関連またはその他の理由。年齢とともに、人は、そのような場合には、皮膚科医の受信を皮膚に影響を与えることができる疾患の多くを示しています。なぜ私が相談を皮膚科医する皮膚科医との約束は、皮膚への変更のために必要とされている必要があります。医師が必要なの配信は、問題を特定し、修正するために分析を処方します。特定の薬剤に対するアレルギーの有無を新薬に必要な皮膚試験を使用する前に。